【やばい噂?】クローブはどんな香り?ゴキ対策には意味がない?精油の効果効能や危険性・禁忌を詳しく解説!実際の評判と口コミも全部調べてみました。

スポンサーリンク

主に香水や精油の原料として使われるクローブですが、ネットで調べると「やばい」と言うワードが出てきて怖くなりました。

クローブは有名な香水にもよく使用される成分の1つで、「やばい」「危険性」「禁忌」と言うようなワードを目にすると不安になります。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

早速ですが、クローブってヤバい?

実際に調べてみました↓

クローブはやばい
クローブはヤバい?

今ここで結論を言うと、「クローブがやばい」と言うのは事実です。

クローブには2つの意味で「危険性」があります。

まず1つ目は↓

・クローブの精油を飲むと危険

クローブの精油には経口毒性があるとされており、原液のまま飲用すると重篤な副作用を引き起こす可能性が指摘されています。

クローブの精油を大量に飲むことで生じる副作用↓

・頭痛

・吐き気・嘔吐

・腹痛・下痢

・全身の痒みや発疹などのアレルギー反応

・めまい・立ちくらみ

・顔面紅潮・顔のほてり

・過呼吸

・意識障害

・呂律が回らない

・食欲不振

クローブは医薬品ではないため正確に言うと副作用(※医薬品に対して使われる用語)ではないのですが、クローブの精油を飲用すると上記のようなリスクがあると言うことを知っておくべきです。

「クローブの精油を飲むはずなんてない!」と思うかもしれませんが、クローブは漢方や香辛料として世界的に使われているので、漢方の効能を期待して精油を飲んでしまう人もいるそうです。

ちなみに、漢方で使われているクローブの効能は以下の通りです↓

・冷え性の改善

・整腸作用

・下痢止め

・去痰作用

・血行促進作用

・生理痛や筋肉痛の緩和

・肌のアンチエイジング作用

このような効能があるなら最高じゃん!と思うかもしれませんが、漢方薬として使われているクローブ(別名:チョウジ)は有効成分や作用機序が明確に解明されていないことから、医学的根拠は曖昧だと言われています。

クローブは数千年前から人々が愛用している王道の植物で、世界4大スパイスの1つともされているのに、安全性や効果についてよく分かっていません。

なのに、クローブの効能を期待してクローブの精油を直接皮膚に塗布したり飲んだりする人がいるというのは驚きですよね…

クローブの精油に関する論文や研究結果が少ない理由は「立証しても意味がない」事が挙げられます。クローブは古くから慣れ親しんだ植物なので今更効果や安全性を研究しても新事実が発見できないからだと言われています。

クローブの効果や安全性について不確かなことが多いですが、これだけは確かに言えます↓

クローブの精油を絶対に飲用しないでください。

当たり前のことですが、クローブが含まれている香水も飲用してはいけません。

じゃあ、「スパイスに使われているクローブはどうなの?」と思いますが、スパイスとして使用する際はごく少量しか使わないので安全性についてあまり気にする必要はありません。漢方薬のチョウジを服用する際も同じです。

ですが、推奨量を大幅に超える量や間違った使い方をするとリスク(副作用)を伴うのでその点についてはご注意ください。

要するに、常識の範囲内での適切な使用(料理、漢方、アロマ等)であれば問題はないでしょう。

結論:クローブは間違った使い方をするとやばい普通に使えばヤバくない

クローブの精油はどれくらいの量を摂取するとヤバい?

クローブの致死量について

クローブには毒性作用を有する成分のオイゲノールが含まれていて、過剰摂取すると中毒症状や肝毒性の症状を引き起こす可能性が指摘されています。

実際の例では、クローブの精油(5ml〜10ml)を誤飲した子供が昏睡状態になり、肝機能不全や視力障害を引き起こしたという事故がありました。

これは子供の場合ですが、大人でもクローブの精油を飲むことは非常に危険です。

オイゲノールの致死量について↓

ラット(雄 20 匹)にオイゲノール 1,400 mg/kg から 4,000 mg/kg までを 34 日間漸増法で投与した。

明らかな死 亡率の増加、軽度な肝臓腫大及び副腎腫大がみられた。病理組織学的検査では肝細胞の腫大がみられた。

前胃では、重層扁平上皮の中程度~重度の過形成及び過角化症が、巣状潰瘍とともにみられた(Hagan et al., 1965)。

引用元:内閣府 食品安全委員会の公式サイト

オイゲノールの肝毒性について↓

イヌ及びラットに対するオイゲノールの高用量投与で肝毒性が認められる。短期試験では毒性学的評価の根拠 が示されている。

代謝に関するデータは不完全であるが、特記すべき懸念は示されていない。種々の変異原性 試験の結果は陰性であった。発がん性試験は現在進行中である。

引用元:内閣府 食品安全委員会の公式サイト

クローブの精油の匂いを実際に嗅いでみると分かりますが、飲んだらヤバそうな刺激臭がするので、大人がそれを飲もうと普通は思いませんが、子供の場合は興味本位で誤飲してしまう可能性があります。

もしクローブの精油が家にある場合、子供の手が届かない場所で厳重に保管してください。

クローブの肝毒性について不安です↓

クローブの肝毒性について
クローブの精油について教えて下さい。
  • 質問

    クローブの精油について教えて下さい。
    虫除けとして、
    ユーカリレモンとクローブ、薄荷脳でスプレーを作ろうと思っているのですが、
    (蚊とハエ、ブユ避け)
    クローブには肝毒性があると書か れているのを見て不安になりました。


    注意事項には長期に大量に使わないこと、
    とありますが、
    長期とはどのくらい、
    大量とはどのくらいのことをいうのでしょうか?


    濃度は1%で作ろうと思っています。
    公園や、旅行で軽く山道を歩く時など、
    主に服にスプレーし、(肌に付いても平気?)
    室内では使うつもりはないのですが
    そのくらいなら問題ないでしょうか?


    また、2歳の(親戚の)子供が同行することがあるのですが、
    スプレーせず側にいるだけであれば問題ありませんか?


    質問が多くて申し訳ありませんが
    よろしくお願いします。

    引用元:Yahoo!知恵袋
  • ベストアンサー

    クローブとは、日本語で丁子です。
    昔からお茶と料理に利用されています。
    肝毒性が高いとい考えるのはちょっと過敏になりすぎです。
    日本では、副作用が強い植物は食用にしませんから!

    長期に多量、を解読するのは難しいですが毎日一年以上と解釈すればよいかと思います。大量も同じく難しいですが、容量的には500ML位?

    濃度を1%厳守で1シーズン使い切りで大丈夫だと思います。
    もちろん肌にパッチテストをしてくださいね。

    子供さんのことを気にしているみたいですが、今のご時世、アレルゲンに囲まれた生活を皆がしています。トイレでは芳香剤、窓は掃除用の洗剤、壁からは接着剤、相談者様からの日焼け止めと蚊よけスプレー(笑
    気になるようでしたら親戚のお子さんの肌にもスプレーしたバンソウコウをちょっと貼ってもらってみてください。荒れたらNGという事でスプレーをやめるか近寄らないようにすれば良いかと思います。

    引用元:Yahoo!知恵袋
  • 補足

    申し訳ありません。最初に書いた通りですが、
    クローブそのものではなく、精油には、肝毒性があると記載があったので質問しました。


    量も期間も、クローブ精油についての質問です。
    子供に関しては、3歳未満は肌につけてはいけないと、複数のサイトで書いてありますが(薄めて使うのは当然として)、芳香すら止めた方が良い、というサイト、種類によりまたは芳香のみならOK、というサイト、様々だったので質問しました。

    引用元:Yahoo!知恵袋

クローブは酸化が早く取扱いから保管までかなり手間がかかるのでアロマ初心者の方にはお勧めできません。

正しい知識がないと身に危険が及ぶ可能性があるため気軽に扱えるモノではないと言えます。

あくまで、香りを楽しむ芳香目的で少量だけ使用されるべきであり、最初からクローブの効果効能を目的とした間違った使い方(飲用や直接塗布など)はやめたほうが良いでしょう。

次に2つ目は↓

・健康被害のリスク

クローブは原価が高いので、石油由来の油(合成成分)で希釈されていることがあります。

石油由来の油で希釈されている精油をアロマディフューザーなどで毎日焚くと、希釈された石油の成分まで吸い込むことになり、長期的に観て脳への影響や危険性が指摘されています。

特に、ネブライザー式のアロマディフューザーを使用する際はご注意ください。

ネブライザー式のアロマディフューザーは、オイルを直接気化させてダイレクトに成分を拡散させます。

水を使わないので衛生面の管理には便利ですが、アロマオイルに希釈されている石油成分や化学合成成分を中和せずに直で吸引してしまうリスクがあります。

少量の使用であればそこまで深く考える必要はないと思いますが、長期的にネブライザー式のアロマディフューザーで大量に焚く場合は特段の注意が必要です。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

これはあくまで、アロマオイルや精油が石油由来の成分で希釈されている場合です。

ちゃんとしたグレードのオイルであれば、石油成分は含まれておらずネブライザー式のアロマディフューザーで焚いたとしても問題はないです。

100%天然の物であれば安心できますが、「100%ピュア」「天然100%」「100%本物」と表示されているアロマオイルでも実際は安い油などで希釈されているものも多くあります。

石油成分で希釈されていない本物を見極める力が必要ですが、心配であれば誰もが知っている超有名メーカーの商品を買うのが無難ですね。

クローブの精油は高価なモノなので石油由来の成分で希釈されていることも多く、安い油で希釈した後に合成香料を混ぜているケースも存在するそうです。

前提条件として、クローブの精油は高価な物なので「混ぜ物なしの天然物は安くは買えない」ということを知っておいた方が良いでしょう。

それでは本題に入ります!

✔︎クローブは危ないの?安全性は大丈夫?効果効能や禁忌・毒性も調べてみました。実際の使い方、評判や口コミも全て詳しく解説!また、信頼できる精油メーカーについても言及します。

スポンサーリンク

クローブについて

名前クローブ
学名Eugenia caryophyllata
別名クローブバッド、丁子、丁香、百里香、チョウジ
科名フトモモ科
花言葉「神聖」「高貴」「貴重な意見」「威厳」「あなたはいつも正しい」「解決を導く助言」
原産国インドネシア、中国、マダガスカル
抽出方法水蒸気蒸留法
抽出部位クローブの花・つぼみ
希少性3.0
価格油で希釈されている→安い
混ぜ物がない天然物→高い
効能・不安を和らげる
・体の疲れを軽減する
・ストレスを緩和する
・寝つきを良くする
・口臭予防・口内を清潔に保つ
・口内炎や口内の炎症を緩和
・生理痛やPMS、更年期障害の緩和
・自律神経の乱れを整える
・血行を良くする
・肌の保湿作用・収斂作用・抗炎症作用
・自尊心を高める
・集中力を高める
・体を元気にする
・明るい気持ちになれる
ニキビ治療の科学的根拠2.0
民間療法でよく使われるが科学的根拠は乏しい

※ニキビに有効だとするネットの情報があるが科学的根拠が乏しく本当に有用かどうかは判断できない。

本当にニキビに効果があるなら医薬品になっているはずなので、ニキビに悩んでいる人が望むような効果は得られないでしょう。

結局のところニキビができる原因は遺伝性の場合を除くと、保湿不足か間違ったスキンケアの仕方が原因の場合がほとんどだと言われています。

”ニキビができにくい肌環境=潤い(水分)がある清潔な肌”

そういう点では、クローブには肌の保湿作用や収斂作用、抗菌作用が期待できるとされるので、間接的にニキビをできにくくする肌環境を整えてくれる可能性はありますね。
匂いの評判男ウケは良いが、女性の場合は好みが割れる傾向あり。

クローブの匂いは「スパイシーな香り」「独特なクセのある香り」「不思議な香り」とも表現されます。

スパイス特有の刺激のある匂いなので、吐き気がしたり、何か危機感違和感を感じるという方もいます。
※不快に感じる方もいるので公共の場での使用は注意が必要です。
禁忌・犬や猫の飼育環境で使用注意
・妊娠中や授乳中の使用注意
・アレルギー体質の方は注意
・薬との飲み合わせに注意
・間違った使い方に注意
・皮膚に直接付けない
・経口摂取しない
・長期連用しない
注意事項※天然物のクローブは高価なため石油由来の油で希釈した物も多く流通しています。

その精油をアロマディフューザーなどでみだりに焚くと石油成分まで吸い込んでしまい、健康被害への懸念があるのでご注意ください。

クローブの原産地は?

クローブの主な原産国はインドネシア、中国、マダガスカルなどになっています。

元々の原産地はインドネシアのモルッカ諸島で、16世紀ごろにヨーロッパに持ち込まれて以降世界中に広がりました。

モルッカ諸島産のクローブは品質が良く、今でも世界生産の7割がインドネシア産のクローブとなっています。

「元々の原産地がモルッカ諸島なのだから今でも世界シェアを独占しているのは当たり前のことではないか?」と思うかもしれませんが、他の植物の例ではその国の固有の植物であっても世界的に広まったが故に他の国に世界シェアを独占されてしまうということも起こっています。

そういう意味では、モルッカ諸島でしか栽培されていなかったクローブが、今では世界中で栽培されるようになりましたが、それでも世界生産の7割のシェアを維持し続けているのは本当に凄いことです。

クローブを大規模に栽培している主な国

今現在、クローブを大規模に栽培している主な国はインドネシアマダガスカルタンザニアです。

世界のクローブ生産量はインドネシアがダントツで1位、次にマダガスカルが2位、タンザニアが3位となっています。

モルッカ諸島(インドネシア)のクローブは最も品質が良いとされ、有名ブランドの香水や高級な精油に広く使われています。モルッカ諸島産のクローブは大人気ですぐに売り切れになることもあります。

最近だと中国産のクローブは安くて量が多いことから、世界シェアをとてつもない勢いで伸ばしていることでも有名です。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

ちなみに、香水や精油の原料となるクローブは人の手によって栽培されたものが使われています。

自然に自生している品種は虫がつきやすく品質も不安定なのでグレードの高い精油などには使われません。

クローブは日本で栽培されている?

クローブは気温さえ合えば放っておいても育つので比較的育てやすい植物です。

日本では観葉植物として栽培されることはありますが、香水や精油の原料に使われる大規模な栽培は今ではほぼ行われていません。

つまり、日本で流通しているクローブの精油はほぼ全てが海外産であるということです。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

日本で流通しているアロマオイルの中には、安い油で希釈された物も多くあるので通販などで購入する場合は品質をよく調べましょう。現地の農家と直接契約をしている有名なメーカーの商品であれば信頼できますね。

確実に希釈されていない本物を入手したいのであればクローブを自分で栽培するのが確実です。

苗からであれば安く育てることができ、完全オーガニック栽培も可能です。

自分で収穫したクローブの花を抽出すれば高品質の精油や香水作れるのでオススメですが、「収穫するのに時間が掛かる」「植えるのに広いスペースが必要」「虫がつきやすい」という欠点もあります。

それが面倒であれば最初から市販の精油を買うことをおすすめします。

スポンサーリンク

クローブはどんな香り?

クローブの香りは独特で「スパイシーな香り」「焦げた土の香り」「不思議な香り」とも表現されます。

人によっては甘ったるく吐き気を感じる方もいるそうです。初めて匂いを嗅ぐと「発酵したバナナ」のような香りがすると表現される方もいます。

このように、クローブは万人受けするような香りではありません。

人によっては不快に感じる方もいるので公共の場での使用は控えた方が良いかもしれません。

分かりやすく匂いを表現すると

分かりやすい匂いの表現としては「森林」+「土」+「バナナ」+「カレー」+「唐辛子」のような感じでしょうか。

※クローブはグレードによって香りが全然違うので一概に「この匂い!」とはなりませんが、一般的に言うとこのような捉え方をされる方が多いのでは?

男性にモテる匂い?

クローブの香りはスパイシーで複雑な匂いがし、男ウケが良い香りだと言われています。

モテるかどうか分かりませんが、男性が好意を持つ香りに近いのかもしれません。

・男性が好む香りの系統は「奥に深みを感じる複雑な匂い」

・女性が好む香りの系統は「シンプルで清涼感ある匂い」

男性が好む香りの系統には近いのですが、女性が好む香りの系統とは離れています。

スポンサーリンク

クローブの香りは不快?

クローブの香りは「フェロモンを感じる」匂いに近いと言われています。

その香りは異性からは好かれますが、同性からはあまり好まれない香りの系統の1つとも表現されます。

クローブは複雑な成分が絡み合っているので、人によって匂いの感じ方は様々です。

匂いが複雑がゆえに万人受けするような香りとは言えず、使用する場所や状況を的確に見極める必要があります。

クローブの香りは嫌いという意見

ネットでクローブの香りの口コミを調べていたら、「クローブの香りは嫌い」「薬品のような匂いがするので苦手です」「クローブの香りを嗅いだら吐き気がする」という意見も見つかりました。

クローブは賛否両論ある香りの1つですが、「昔は好きだったが急に苦手になった」or「昔は嫌いだったが今は好きになった」という口コミもあります。

クローブの香りに興味を持っている方はそういう意見もあるということを知っておくと良いかもしれません。

※それでは実際の口コミをご紹介します↓

クローブとオールスパイスの香りって一緒のような気がしますが、どうなんですかね?
  • 質問

    クローブとオールスパイスの香りって一緒のような気がしますが、どうなんですかね?

    また、クローブってバニラみたいな甘い香りって記述があるんですが、本当ですか?

    実際嗅いだら何だか薬品みたいな臭いしか感じられません。

    引用元:Yahoo!知恵袋
  • ベストアンサー

    オールスパイスは使用した事が無いので解りかねますが、クローブは実際に料理に使用してみると感じ方もまた変わるかもしれませんね。

    クローブは甘い、そうですね 私的にはバニラに系統が似ている気もします。 と、甘くみて昔火傷しましたね(^0^;)

    実はクローブは「強い」香りで少量でも他のスパイス(クミン、コリアンダー、ナツメグ等、なんとコーヒーにも負けません)に埋もれず強烈に主張して来ます笑

    割と独特な香りで苦手な方も多いのでは?と感じます(私も得意ではありません) 単品にて御使用の際はお気を付けを(^0^;)

    引用元:Yahoo!知恵袋
  • 質問者からのお礼コメント

    確かに単品の使用はきついです(笑)

    回答ありがとうございます。

    引用元:Yahoo!知恵袋
スポンサーリンク

クローブの成分を分析

「以前はクローブの香りが好きだったのに急に苦手になった」という意見があるのは、クローブに含まれている成分がかなり複雑であることが原因ではないかと言われています。

それでは、クローブの成分表を見てみましょう↓

クローブ成分表
成分名含有%
テルペン系炭化水素
β-カリオフィレン

5.34%
フェノール
オイゲノール

83.61%
エステル
酢酸オイゲニル

8.70%
引用元:生活の木 公式サイト

このように、クローブには複数の成分が含まれています。これらの成分がクローブの複雑な香りを形成しているのかもしれませんね。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

注意点としては、これはあくまで「生活の木のクローブ精油」に含まれている成分です。

他のメーカーの商品によっては含まれている成分などに違いがあるかもしれません。

精油に含まれる成分を公開していないメーカーが多い中で、生活の木では販売している全ての精油の成分表を公開しています。

混ぜ物がない100%天然の精油を日本で買うのであれば「生活の木のクローブ精油」が信頼できる安全な商品と言えるでしょう。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

成分の効能をチェック!

それでは、クローブの精油に含まれている成分の効能を見ていきます。

クローブ全体の効能ではなくクローブに含まれている各成分の効能になります。

成分効能
β-カリオフィレン・抗菌作用
・免疫調整作用
・鎮静作用
・生理痛やPMS、更年期障害の緩和
・抗炎症作用
・抗不安作用
・リラックス作用
・不眠改善作用
・強壮作用
オイゲノール・殺菌作用
・抗炎症作用
・鎮痛作用
・防虫作用
・虫除け作用
・昆虫忌避作用
・消臭作用
・空間防臭作用
・体臭抑制作用
・抗ウイルス作用
・免疫賦活作用
・防腐作用
酢酸オイゲニル・抗炎症作用
・抗菌作用
・収斂作用
・保湿作用
・抗不安作用
・安眠作用
・リフレッシュ作用
スポンサーリンク

クローブはやばい?/毒性や危険性を確認!

今ここで結論を述べると、クローブの成分自体には「やばい」と言われる成分はあまり含まれておらず安全な植物と言えるでしょう。

ただし、安いクローブの精油・アロマオイルは石油由来の成分で希釈されていたり、合成香料が混ぜられていたりするケースもあります。

石油由来の油で希釈されている精油をアロマディフューザーなどで大量に焚くと、石油の成分まで吸い込んでしまいそれが健康被害に繋がるのではないか?と不安になっている方も多いです。

それが「クローブ やばい」と言われている原因ですが、クローブ自体がやばいわけではありません。

管理人ちゃん
管理人ちゃん

ちゃんとした品質の天然100%のクローブ精油であれば、こうした不安とは無縁です。

なので、クローブの精油は信頼できる有名メーカーから買うのが無難でしょうね。

石油由来だから危険は危ない考え?

石油由来の成分が含まれているからそれが全部危険とはなりません。

なぜなら私たちの身の回りには石油から作られた物などでありふれているからです。

石油を原料とする有名なもの

・プラスチック

・合成繊維

・食品添加物

・農薬、化学肥料

・市販薬

・界面活性剤、洗剤

・合成香料

このように様々な物に石油由来の原料が使われています。

服には合成繊維、食品には食品添加物、化粧品や芳香剤の香りつけには合成香料が使われていて、石油から作られるこれらのものは私たちの生活から切り離せないほど依存度が高くなっています。

なので、石油由来だから危険という理論は根本的に間違っています。

石油から作られた物は安全?

石油由来の製品は安全ですか?

私たちの身の回りには石油から作られた製品でありふれていて「石油由来だから危険という考えは間違っている」とお話しましたが、じゃあ石油から作られた物は安全なのか?という疑問が生まれます。

結論を述べると、石油の品質によります

ちゃんと石油が精製されていれば有害な物質はほぼ取り除けると言われているので、そこまで気にする必要はないと言えるでしょう。(一概に安全とは言えませんが…)

その一方で、原価が安く精製のクオリティが低いモノは有害な物質も含んでいる可能性が高いと指摘されています。結局のところ品質(価格)次第ということです。

精油やアロマオイルの例で言うと、極端に安い商品は安い油(石油由来)で希釈されているモノも流通している場合があるので、その点については注意した方が良いかもしれません。

クローブの毒性について

通常の使用の範囲内(料理やアロマ・漢方など)ではクローブに毒性はあまりありません。(※少量の使用でも肝臓に負担が掛かることは覚えておいてください!)

用法容量をしっかり守れば毒性があまりないので比較的取扱いが簡単な植物だとされています。

精油は強い経口毒性がある点に注意…

ただし、クローブの精油を大量に飲用すると「頭痛」「嘔吐」「めまい」「意識障害」等の症状を引き起こす可能性が指摘されています。

アロマディフューザーなどで長時間に渡ってアロマを焚く場合も注意が必要です。

スポンサーリンク

クローブの禁忌

クローブの禁忌(きんき)をご紹介します。

禁忌とは?——禁止されていること、タブー、やってはいけない事を意味する言葉です。

犬や猫の飼育環境で使用注意

クローブの禁忌解説
犬や猫の飼育環境で使用注意・クローブの精油は科学的根拠が曖昧で「犬や猫に危険」と言う意見と「猫には危険だが、犬に関しては”適切な使用方法を守れば大丈夫“」という意見に分かれています。


・ですが、クローブの精油を使用してもペットに良い影響はほとんどなく、メリットとデメリットを天秤にかけた時にデメリットの方が大幅に上回るので「犬や猫」「その他ペット類」の飼育環境でクローブの精油を使用するのは控えた方が良いでしょう。

※他の精油の例では、猫が中毒症状を起こして死亡した例もあります。

妊娠中や授乳中の使用注意

クローブの禁忌解説
妊娠中や授乳中の使用注意・クローブの精油には複雑な成分が含まれていて、それらの成分がホルモンバランスに影響を与える可能性が指摘されています。

スパイス類は「妊娠中の摂取は控えた方が良い」と聞いたことがありませんか?

クローブはスパイスそのものなので、間違った使い方や大量摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れたり子宮収縮が起こり最悪の場合、流産などのリスクがあるため妊娠中の方はご注意ください。

授乳中の方も「スパイスの摂取」は良くないと言われているのでクローブの使用は極力控えた方が良いです。

以上のことから、妊娠中や授乳中にクローブの精油を使用するのは控えた方が良いでしょう。

もし、どうしても使用したい場合はかかりつけの医者に相談する事をお勧めします。自己判断での使用は非常に危険です。

アレルギー体質の方は注意

クローブの禁忌解説
アレルギー体質の方は注意・クローブはアレルギー反応が起こりやすいとされているので、生まれつきアレルギー体質の方はご注意ください。

天然植物から抽出された精油はアレルギー反応を引き起こしやすくなると言われています。

基本的に花粉症の方はクローブの精油を使用するのは控えた方が良いでしょう。

経口摂取に注意

クローブの禁忌解説
経口摂取に注意・クローブの精油を大量に経口摂取すると頭痛や嘔吐、めまいなどの症状を引き起こす可能性が指摘されています。

「精油を飲むはずない!」と思われるかも知れませんが、実際のトラブルで多いのが精油の飲用事故になります。子供が間違って飲んでしまった事例も多くあります。

赤ちゃんや子供が誤飲しないためにも、クローブの精油は子供の手が届かない場所で厳重に保管してください。

薬との飲み合わせに注意

クローブの禁忌解説
薬との飲み合わせに注意・クローブは薬との飲み合わせがよくありません。クローブに複雑な成分が含まれていることが原因とされています。

「クローブを使用する際は薬を服用しない」or「薬を服用する際はクローブを使用しない」のどちらかにしましょう。

アロマディフューザーでアロマを焚く場合も、アロマを焚いている時は薬の服用は控えた方が良いです。

その他の注意事項

クローブの禁忌解説
その他の注意事項・天然物のクローブは高価なため石油由来の成分で希釈した物も多く流通しています。

その精油をアロマディフューザーなどでみだりに焚くと石油成分まで吸い込んでしまい、脳への影響・健康被害への懸念があるのでご注意ください。
スポンサーリンク

クローブの効果・効能まとめ

これまでクローブの禁忌(デメリット)を見てきましたが、果たしてクローブにはデメリットを超える効果や効能(メリット)があるのでしょうか?

クローブの精油の使用にはリスクが伴うため、リスクを凌駕する効果が得られないと対価に見合いません。

それではクローブの効果効能を見ていきます↓

クローブの効果効能【女性の場合】

クローブの効果効能【女性の場合】解説
不安を和らげる・クローブには気持ちを落ち着かせる成分が含まれているので、精神面での不安やイラつきを和らげるのではないかと言われています。

生理前のイライラ、生理後の不安な気持ちなどを緩和するのに役立ちます。

不安やストレスの問題は結局のところ気持ちの問題だと思いますが、クローブの匂いを嗅ぐと安心できるという方も一定数いらっしゃるので、不安で押し潰されそうな思いをしている方は、クローブの匂いを嗅いでみるのはどうでしょうか?

今の現代社会は様々なことが便利になった反面、重度のストレスや理不尽な思いをすることも多々あります。

精神面においては「近代化する以前よりも辛く感じる」と思う方も多数いらっしゃいます。

たかがアロマだと思われるかもしれませんが、クローブの匂いで少しでも「心の豊かさ」「心の健康」を平穏に保つ支えになれば良いですね。

生理痛やPMS、更年期障害の緩和

クローブの効果効能【女性の場合】解説
生理痛やPMS、更年期障害の緩和・クローブは抗炎症作用や鎮痛作用があるとされるので、生理痛やPMS、更年期障害を緩和するのに役立つと言われています。

ですが、科学的根拠は乏しく本当にそのような働きをするのかは分かっていません。

本当に効果があるのであれば医薬品になっているはずなので、生理痛やPMSの痛みを軽減する作用はあまり期待しない方がいいでしょう。

でも、クローブは気持ちを元気にしてくれる作用があるので、生理痛やPMS・更年期障害の際のナイーブな気持ちを前向きにしてくれる作用自体は割と期待できるかもしれませんね。

自尊心を高める

クローブの効果効能【女性の場合】解説
自尊心を高める・クローブの香りは気分を落ち着かせると同時に気分を高める作用もあるとされています。

気分を落ち着かせた後に徐々に気持ちを高めてくれるので、自尊心が心地よい状態で保たれやすいです。

「病は気から」という言葉があるように結局は気持ち次第だとは思いますが、自己肯定感が極端に低い方は一度試してみるのはどうでしょうか?

しわの改善、肌の保湿作用

クローブの効果効能【女性の場合】解説
しわの改善、肌の保湿作用・クローブには保湿作用やアンチエイジング作用を有する成分が多く含まれていて、しわの改善や肌の保湿に役立つのではないかと言われています。

クローブは医薬品ではないので、すぐに分かるような効果や結果は望めないと思いますが、長期的に見れば肌のアンチエイジングや美肌面で何らかの役に立つかもしれません。

虫除け作用(G非対応50%)

クローブの効果効能【女性と男性共通】解説
虫除け作用・クローブには虫除け作用がある成分を多く含んでいるため、虫除け対策に役立つとされています。

一般的には昆虫や蚊除けに使用される場合が多いのですが、ゴキブリの場合は50%の割合で忌避作用があると言われています。

つまり、50%はクローブの匂いを嫌うので忌避作用があるが、もう50%は匂いを嫌わないor逆に匂いを好むのでゴキブリ避けには使えないと指摘されています。

殺虫剤を使いたくない方はクローブオイルで虫除け対策をするのも1つの手だと思いますが、一部の虫には対応していないのでその点はご留意ください。

一部の精油ではゴキブリを引き寄せてしまう香りもあるので、精油に虫除け作用が期待できるからと言ってむやみに使うと招かざる虫を誘き寄せてしまうかもしれません…

ちなみにクローブは全ての虫が嫌がるわけではなく、逆に好む虫もいるそうです。

クローブの効果効能【男性の場合】

次に男性の場合の効果効能を見ていきます↓

クローブの効果効能【男性の場合】解説
明るい気持ちになれる・ストレスを緩和する・クローブには気分を上げる作用があるとされ、落ち込んだ気持ちやネガティブ思考を改善するのに役立つかもしれません。

また、クローブの香りは「心の不安を和らげる理想的な匂いに近い」とされ、ストレスを緩和するのに役立つのではないかと言われています。

男性の場合は生理がないのでホルモンの変動による心理変化は少ないとされています。

ですが、季節の変わり目などはネガティブ思考やマイナスな気持ちになる人が多いとも言われています。

季節の変わり目の不安定な暗い気分をリセットするのに役立つかもしれません。

現代社会では約50%以上の人がストレスを抱えて生活しているとされるので、クローブの香りを嗅いでストレスを和らげてみるのはどうでしょうか?

自己嫌悪の感情を抑えてくれる

クローブの効果効能【男性の場合】解説
自己嫌悪の感情を抑えてくれる・クローブの香りは気分を落ち着かせると同時に気分を高める作用もあるとされています。

気分を落ち着かせた後に徐々に気持ちを高めてくれるので自己嫌悪感情を軽減するのに役立ちます。

「病は気から」という言葉があるように結局は気持ち次第だとは思いますが、自己肯定感が極端に低い方は一度試してみるのもありだと思います。

ニキビの改善

クローブの効果効能【男性の場合】解説
ニキビの改善・クローブは殺菌作用があるので、ニキビの原因となるアクネ菌の異常繁殖を抑制してくれるのではないかと言われています。

また、クローブには抗炎症作用も期待できるとされ、すでに炎症を起こしているニキビの改善にも役立つかもしれないです。

過度なオイリー肌はニキビができやすく、一度ニキビができると治りづらいです。そういう悪循環を断ち切るのに役立つかもしれません。

※ニキビ治療への科学的根拠は乏しく、ニキビに対する効果はあまり期待できないと言われています。

ただし、クローブには肌の保湿作用や収斂作用、抗菌作用が期待できるとされるので、間接的にニキビをできにくくする肌環境を整えてくれる可能性はありますね。
スポンサーリンク

クローブの効果に対する総評

これまでクローブの効果を詳しく見てきましたが、「クローブの効果に対する科学的根拠が曖昧」だということにお気づきでしょうか?

あくまで、「不安が軽減されるらしい」「肌荒れやニキビに役立つかもしれない」「生理痛やPMSを緩和するらしい」というように確実な根拠は見つかっていません。

クローブの精油にはデメリットも多く見られ、メリットとデメリットを天秤にかけた時ときにデメリットの方が上回る可能性もあります。

結論

結論を言うと、クローブは単純に香りを楽しむ目的でのみ使用することが望ましく、クローブの効果効能を期待して使用するのはお勧めできません。

あくまで、効果効能はおまけ程度に考えるべきであり、最初からクローブの効果効能を目的とした「推奨量を大幅に超える使用(アロマを長時間焚き続ける)」はデメリットの方が多くなるかもしれないのでご注意ください。

とは言え、クローブは民間療法で長きに渡って使用されてきた信頼ある植物ではあるので、科学的根拠は不確かですが肌トラブルやメンタル面で何らかの解決策を導いてくれるかもしれません。

「1.推奨量を必ず守ること」「2.混ぜ物のない天然100%の精油を使うこと」「3.間違った使い方をしないこと」この3点の遵守を心がけてください。

スポンサーリンク

信頼できる精油メーカーはどこ?

結局、信頼できる精油メーカーはどこなのか調べてみました。

100%天然由来のクローブは高価な物なので相場より遥かに安い精油やアロマオイルなどは、石油由来の油で希釈されていたり、合成香料(石油由来)が混ぜられているケースもあります。

「石油由来の成分が含まれているから体に悪い」と結論を急ぐのは良くありませんが、毎日使用するのであれば「100%天然由来の精油」が安心できるかもしれません。

精神的に安心したいのであれば有名メーカーの精油を買うのが無難ですね。

それでは、信頼できる精油メーカーを3社ご紹介します↓《全て100%天然由来の精油となります。》

生活の木

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
名前生活の木
信頼度5.0
日本
会社名株式会社生活の木
創業1955年9月1日
本社所在地東京都渋谷区神宮前
事業内容ハーブやアロマセラピー関連
説明・日本を代表する老舗の精油メーカー。

世界各地にある提携農園から厳選した精油を調達しています。全国に約100店舗の直営店があり、日本での認知度は絶大です。

アロマ初心者でどこのメーカーの精油を買ったらいいのか悩んでいる方にお勧めします。

ニールズヤード

名前ニールズヤード
信頼度5.0
イギリス
会社名Neal’s Yard Remedies
設立1981年
本社所在地イギリス ドーセット州ギリンガム
事業内容化粧品、スキンケア、エッセンシャルオイルの販売
説明・イギリスを代表する精油メーカー。

オーガニック精油の種類が豊富で「植物そのままの香り」に定評があります。

アロマ中級者でオーガニックの精油に興味を持ち始めた方にお勧めします。

プラナロム

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
名前プラナロム
信頼度5.0
ベルギー
会社名Pranarom International S.A.
設立1986年
本社所在地ベルギー
事業内容化粧品、精油の販売
説明ベルギーを代表する精油メーカー。

生活の木やニールズヤードと比べると価格が高いが、アロマ愛好家から絶大な支持を集める精油ブランドです。

ワンランク上の「上品な香り」に定評があります。

アロマ上級者で高級な香りに興味を持ち始めた方にお勧めします。

どのメーカーを選べばいいの?

信頼できる精油のメーカーとして「生活の木」「ニールズヤード」「プラナロム」の3つをご紹介してきましたが、この3つのメーカーからどれを選べばいいのでしょうか?

早速結論を申しますと、この3つの中ならどれでも良いという結論に至りました。

「生活の木」「ニールズヤード」「プラナロム」はそれぞれ国を代表する一流メーカーですので、精油の品質が良いのは当たり前のことです。あとは値段や香りの好み次第ということになります。

日本では「生活の木→ビギナー向け」「ニールズヤード→中級者向け」「プラナロム→上級者向け」にお勧めされることが多いようです。

今まで安いアロマオイルしか嗅いだことがない方は、まずは生活の木の精油で匂いの嗅覚を磨いてみるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

クローブの基本的な使い方

それではクローブの精油の基本的な使い方をご紹介します↓

ニキビ対策化粧水

クローブの精油は刺激作用が強く直接肌に塗布することはやめた方がいいです。

そこで、直接肌に塗布できるニキビ対策化粧水を考案しました。

ニキビ対策化粧水のレシピ

・市販の化粧水→100ml(できれば医薬成分が入っていないシンプルな物)

・クローブの精油→10滴

たったこれだけの材料です。化粧水に精油を10滴入れてよく混ぜて完成です。

使用前によく振って通常の化粧水と同じように使用します。顔に使う場合は目に入らないように注意してください!クローブの精油は刺激作用が強いので目に入ると危険です。

安心感あるハンドソープ

クローブの抗不安作用を期待した、安心感あるハンドソープのレシピをご紹介します。ただ混ぜるだけなので簡単です。

石鹸で手を洗った後に自分の手の匂いを嗅ぐと精神的に安心感や幸福感が感じられると聞いたのでこのレシピを考案しました。

安心感あるハンドソープ

・市販のハンドソープ→100ml(泡タイプのハンドソープでも可、肌が弱い方はボディソープで代用しても大丈夫です。)

・クローブの精油→50滴

たったこれだけの材料です。ハンドソープに精油を50滴入れてよく混ぜて完成です。

あとは通常どおりハンドソープを使って手を洗います→そして手を軽く拭いて手の匂いを嗅ぎます→安心感

ハンドソープは洗い流すことが前提になっているので精油の量も多くなっています。お好みで精油の量を増減してもいいかもしれません。

自己肯定感が低い人に【鏡オイル】

自己肯定感が低い人の特徴に「自分の姿を鏡で直視できない」「髪型が気になって仕方がない」という行動心理もみられるそうです。

そこで、自己肯定感の改善に役立つかもしれない鏡オイルをご紹介します。

鏡オイル

・鏡(手持ち鏡・置き鏡のどちらでも大丈夫です。)

・ハンカチ→1枚

・クローブの精油→5滴

ハンカチに精油を5滴垂らして5分間そのまま放置します→5分経ったらそのハンカチで鏡を満遍なく拭きます→10分間ぐらい無心になって鏡を拭いていると→気持ちに変化があるか

※鏡を拭いている時は自分の顔や髪を直視せずに自分の手先だけをみるようにします。

「病は気から」という言葉があるように結局は気持ち次第だとは思うので、無意味に思えるこの「鏡オイル」でも何らかの気持ちの変化が起こるかもしれません。

自己肯定感が極端に低い人は一度試してみるのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

クローブの口コミ・評判/実際に使ってみた感想は?

クローブの口コミ・評判は以下↓のようになっています。

スポンサーリンク

さいごに

クローブの香りがヤバいらしいという噂を耳にしたので詳しく調べてみました。

今ここで結論を述べると、クローブ自体は全然ヤバい物ではありません。

クローブの成分には危険な物質はあまり含まれておらず比較的安全な植物として知られています。

違う意味で注意が必要

※天然物のクローブは高価なため石油由来の油で希釈した物も存在します。

その精油やアロマオイルをアロマディフューザーなどでみだりに焚くと石油成分まで吸い込んでしまい、健康被害への懸念があるのでその点についてはご注意ください。

このことから、精油を買うときは信頼できる有名メーカーの商品(混ぜ物のない天然100%)を選んだ方が安心できるかもしれませんね

また、クローブの効果効能については科学的根拠が乏しく賛否両論の意見があります。

そこで「科学的根拠が全てなのか?」と皆さんに問いたいです。

✔︎有名なことわざに「押してダメなら引いてみろ」という言葉があります。

化学的に作られた物を《押す》と表現するなら、民間療法で長期に渡って使われてきたクローブは《引く》とも表現できます。

つまり、化学薬品でだめなら原点に立ち戻って「天然のクローブ」に頼ってみるのはどうですか?

科学的根拠がどうだとかよく言われますが、科学的に立証されることが全てではないと思います。一度原点に戻ってみると科学では気付けない意外な結果に辿り着くかもしれませんね。

ではでは!